貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧


休んでないし

どうも知行を進める上で、身分が邪魔で仕方がない
いわゆる開拓制限というやつである。

これに引っかかっているのが山伏(林地3)
どうしたもんかと思うと同時に
寝付けなかったことや、でもたま殿が上黒とったというので

深夜にログイン
ハッケソして交渉開始
目の前にいた空前殿捕まえて救援依頼

鬼熊の肝を取りに

10戦目でげと、協力感謝

鶴   _| ̄|○

んで、上黒をでもたま殿より買って、防御100羽織を染めて鍛錬

103 _| ̄|○鍛錬最低値じゃねえか

んでもまあ、黒チンピラできたので安心して寝ました

翌朝

やりきれないので山伏で一気呵成に納入
目付け試験速攻だして速攻終わらせてみる

鈴木 _| ̄|○鉄砲があ

5キャラ目にしてついに鉄砲もらえず
鍛冶、侍はいいからこいつは欲しかった

そのご鍛冶でちょろっと生産してログアウト
新参クエ手伝ってくれたるん殿アリガトウ

明日は、職安も休みだし、用事もねえから
午前中~昼くらいまでログインしようかしら
誰かようまじん行きませんかねえ

by kajiyanoossan | 2005-09-30 13:41 | 信長オンライン

コメント返しと知行

職安だとか面接だとか色々やってます
一日のうち、3時間くらいなんであとはおおむねヒマですが
信長はじめちゃうととまんないので止めてます、門屋です

でもたま殿
>最初が草だから、次は丸でお願いします

雷導殿
>ま、いつでもかえっといで、俺も帰れるよう善処しております

雷○殿
>生産がんがれ、俺の男鍛冶はレベル3になりますた

と、書いたようになんとなく鍛冶にネズミと戯れさせたり、棍棒作ってみたりで
3にして、新参の最初だけ終わらせますた。いやはや

PLないときついっすね

まあ、倍額払うメリットとしてやってましたが、なんとなくソロでやるときつげ
まあ、仕官6日、あと24日で20になるくらいの勢いで。
炭と鉄の在庫も若干あったのう、と休養中とは思えない計画の立て方

知行の話

最近は知行が儲かると言われてますが、先行投資で
各キャラに金ぶち込んで現在大マイナス、つっても
全キャラで5000くらいはあるわけだから、まあ、角紐バブルの
手前ぐらいの門屋家台所事情

とりあえず、鍛冶屋は市ができたので、思案の末
工房のレベル上げ開始、二代目が知行もらえる頃くらいに
4になってくれると嬉しいなあ。

他は特になし、あえていうなら侍の牧場
1>2が1日8%上がってちょっと嬉しかったり
陰陽の村が82%なので、ぼちぼち畑3の材料用意しないといけなかったり

そんなとこ

by kajiyanoossan | 2005-09-29 13:54 | 信長オンライン

コメント返しと装備と知行

知行日誌でもつけ始めようかなあ
戦闘、生産、採掘採集、雑談、合戦、売り子
まあ、知行確認以外の全てを休養中の門屋です、どうも
まあ、俸禄や献策も休養してます。
開拓のために献上はしかねない今日この頃です。

なんだかコメント残していただいてありがとうございます。
死んでるようにとりあえずは生きています。

宮殿
>さすがにそれは無理(゚∀゚)。まあ早いうちに帰れるよう努力します。

ロボ沢殿
>年内には戻りたい傾向ですが、戻ったらよろしう

つた殿
>しまつた、飾り柄頼んでたな、御免なさい、責任持って買い取ります
資金で苦しんだら売っても問題なすよ

無明殿
>透漆溜め込みよろしう

tama殿
>具足羽織は76生命220と75生命200なら在庫あります
必要なら、黒透箔代のみで販売します。

ぷるん殿
>お互いがんばろうや

雷○殿
>攻撃だけなら139連銃ある門屋家レベル1鍛冶、ウェイトマイナスてばなさないでえええ

明日殿
>時間をばらせば、まあ昼過ぎくらいにチェックでインよてい
まあいらなくなってもむ問題だし、いるならどうぞ、価格は黒漆箔代に値下げしますた

空前殿
>上にも書いてるが、年内には戻りたい気分。それまでに知行5にできますかね、ほほほ

と、コメントを返したところで知行チェックと装備の話など

鍛冶屋
山地4(鉱山3 村2 工房3 市建造中)
市をそのまま1>2にして、その間に材料集めて工房3>4の予定
鉱山3>4はまあ、人口は8000超えたらかなあ、現在5200

薬師
森林3(林地3 工房2 畑1)
工房改良材料、なんか鍛冶屋の倉庫に唸ってたのでそのまま改良開始
3になったら、あとは4まで開墾したいが、身分がない、ひたすら商業

鍛冶弐代目
レベル1 仕官3日 どこにも知行の要素がありません
30日たったら、こっそり生産で20まであげたろうかしら
もらえるなら水辺を貰う予定。

神主
平野3(水田3 村2 漁場1)
浄水マシン。玄米わらマシン。ひたすら4目指すしかなさげ4になったら市でも作って
調達メインにすっかなあ

陰陽師
街道3(畑2 村1 水田1)
菜種マシン、現在村改良中、終わったらまあ、畑改良材料用意したい気分
このへんは焦ってない。


丘陵2(牧場1)
現在工房生産中。今日確認したら牧場改良できるのいませんでした。人事で見たら
いたので雇いました、忠誠度99になったら改良作業開始。

ざっとこんなところ、知行産物はきまぐれに産物加工して
売ろうとたくらんでますが、相場とかはまあ、見てません(゚∀゚)
相場師になれうほどの元手も気合もありませんからのう

以上、知行の話、以下、装備の話

最近、侍の腕力装備を作るのが楽しくって無駄な浪費万歳人生でしたが
幸い、休養でとまるので知行産物とかで金をなんとかしたいもの、と同時に
自前付与石という新しい博打にようやく興味が沸いて来た事と、ぼちぼち
鍛冶屋の器用をいい加減400↑にしなきゃなあ、と思っています(現在360)

まあ、400ぐらいならどうにかなるだろうと思っています。器用10振りだし。
神職も一応魅力400目指す予定、これは稲葉で石買わないといけませんね
ああ、器用石も買わなければなりませんね。

そこで前に知人とかからベースは買ったり貰ったりしてたので
とりあえず探し物を個人メモがてら羅列します。

鍛冶屋

器用15↑入魂の大袋or肩下げ(現在27の大袋愛用中)
器用15↑の屏風(現在12の扇子愛用中)
器用15↑の御守り(現在10の御守り愛用中)

十手(15)胴丸(15)あるので、付与石は袋あわせて12を6個探すかな
たぶんこれで丹のみ400行きそうな鍛冶屋でございます。

神主

魅力15↑の烏帽子(現在なし(゚∀゚))
魅力25↑の屏風(現在なし(゚∀゚))
魅力15↑の大袋or肩下げ(現在なし(゚∀゚))

小刀(16)水干(18)大鎧(16)あるので、まずは12前後を買ってきて大鎧か
これはゼロから作るので結構資産飛びそうだ。+4の首飾りもあるなそういえば

寝てる間に金増えろ、頑張れ知行!!!

by kajiyanoossan | 2005-09-27 14:36 | 信長オンライン

収穫祭・三椏・雇われ楮・花火・ご挨拶

9月24日は覇王収穫祭でございまして、当方マラソンスタッフとして活動させていただきました。ええ、景品探しで俺がきっちり俺がほしくて仕方がない上級黒染料を引いたときは、軽く血の涙が流れましたが、まあ、世の中そういうものかもしれません。優勝者の方に無論献上しましたが、俺の血の涙が入っているので、ちょっと赤みがかるかもしれません。最後にマラソンスタッフで記念撮影などいたしました。まあ、王さんの仕切りがちゃんとしていたので滞りなく進みました、王さんオツカレ

a0032309_23414929.jpg


夏祭りのさなか、うろうろしていましたらやはり祭りとかそういったものに流されない方もおられます、まあ、自分のペースを維持していくということは大事かもしれませぬな。

a0032309_234312.jpg


マラソンが無事終わりましたあとは、ふらふらとオークションとか見ながら、回線のもちこたえることを静かに祈ります。なんとか持ちこたえてくれました。最後は花火、打ち上げ用にこのは殿から結構な量を受け取ったので狂ったように打ち上げます、まあちと休憩も挟んだので、その間に一枚

a0032309_23525049.jpg


花火も無事撃ち終わりまして、収穫祭は〆となります。参加していただいた皆様、ご来場ありがとうございました。最後にスタッフで記念撮影を、俺の場合俺視点なので、どうしても少しぶれるわけで、いやはや、ちと斜めで申し訳ない

a0032309_013761.jpg


話を侍の日常に戻しましょう。ぼちぼちやってたら、特化弐まで終わってしまいました。恐るべきはTD狂いと言うべきなのでしょう、前にチビキに雁取りに行ってたので、チビキは終わり、富士もなんかで行ったときに仕上げてたので終わり、んで、忍者砦に行くわけですが、ここでもう一人断片野郎が加わります。

名を、由真寺外道僧。某機械仕掛け忍者の別キャラでございまして、最近の門屋家台所に粘土御用聞きとして存在しております。(いわゆる俺からの一方的なぶん投げ)んで、その由真僧、年を重ねて断片とか言いやがるようになりました。僧だったらソロも不可能ではないので、放置してもいいのですが、困ったことに由真僧というか機械仕掛け忍者、織田家所属で現在斎藤家と合戦を展開しております。なおかつもっと困ったことに、昔稲葉で見て以来、ずっと欲しいと思っていた「一騎当千突撃具足」というこじゃれたものを所蔵しているのです。

「一騎当千突撃具足くまさい」
「由真の楮手伝えばおk」

a0032309_0163196.jpg

a0032309_0164548.jpg


物欲に支配された門屋家ぷ芸侍は、自分の三椏の都合に巧みに由真僧の楮を織り交ぜる作戦を展開します。流れとしては

忍者砦(三椏、楮、なぜか白虎)
地獄谷(三椏、楮、なぜか朱雀)
金山(4人徒党。これは青山殿鍛冶の雁もあわせた)
浜名湖(さすがに助っ人頼めないので鍛冶僧コンビ)
昇仙峡(地獄谷の残り協力者で鬼っ子狩り倒し)

で、無事コンプリート・・・・のはずが浜名湖の楮が一枚足りなかったとのこと、機械仕掛けの頭に油を差し忘れてた模様。それでもまあ、浜名湖で揃いましたとか発言してたかいもあって、具足いただけました、名前も色もかなり気に入ってます。普段着として愛用したいと思います。南蛮具足より当世具足のグラの方が好きなのでかなりいい按配です。

その後、由真僧でははいれない比叡奥に三椏徒党を作って参戦、委員長殿として協力していただき、1丹、1枚足りないという悲劇的事態(スクラッチは全部スルー、最後2枚ほど貰ったが、まあ、引けません)まあ、また今度でいいやと両替いったら、これは俺の計算違いで揃ってました。とてもめでたい、速攻堺にいって、無事、ぷ芸伝の参を貰います。

「装備削れるので剣風しますね^^」

この一言をいうために頑張ろうと思います。その後紀伊にもどってちょろっと生産、具足羽織やひょっとこはまあ惨敗しました(´・ω・`)

そんで、紀伊花火大会、この日は打ち上げ係りとして協力します。深雪殿の仕切りのもと、円滑に進んだと思います。当方はメインはまったく見れませんでしたが、まあ、大声聞く限りでは演出の狙い通りにいったんじゃないかなあ、と、深雪殿、打ち上げスタッフの皆様、お疲れ様でした。

a0032309_0295353.jpg


ちょっと暗いですが、これが一騎当千突撃具足、黒に黄色という阪神ナイズドなカラーですがかなりいい感じだと思って気に入っております。

さて

最後に、ご挨拶をば

このブログでもちらっと書いておりますが、中の人は先日会社を辞めまして、現在無職の若者・・・といえる年でもないですが、まあ無職です。んで、ツアーとかやってみたりしたし、戻ってからの一週間は廃人のような愉快な生活をさせていただきました。

しかし、ゲームをいくらやったところで生活の糧として得るものはなにもないですから、確実に財政は危険になっていくわけで、またブログの更新リズムも狂います。どうしても生活が不定期になりますから。正直よくないわけでここで、少し、休養させていただきたいと思います。

ほとんどの人、まあ、俺がこの辺で休養することを知っていたのはたぶん、二人だけだと思いますが、あくまでも引退ではなく休養ですから、わざわざ己をイベント化したくなかったというのもありますし、「生きてる以上は目一杯生きよう」という趣旨の元、ログアウトする直前まで、明日も何事もなく遊んでいるような感じでプレイさせていただきました。

まあ、仕事が無事に見つかって、生活的にいけると判断したら帰ってきます、そんときにスムーズに、というか、まあどうにか生きていくために、知行チェックでのログインはするかもしれません、つまり引退する気はさらさらないのでそこのところ、誤解ないように

遣り残し、ということでもないですが3名の方との約束というか、請負を果たせていないので、ここで述べておきます

ロボ沢殿
炭はまあ、また今度、帰ってきたときによろしく

雷○殿
連銃受け取れませんでした、まあ合戦中だから仕方ないです、帰ってきて、侍の三椏終わらせたら、鉄砲鍛冶屋育成計画始めますので、そのときまで、倉庫の邪魔かもしれませんが、おいといていただければ幸いです。

明日殿
具足羽織、渡せなくって御免なさい。知行チェックの時にもし会えたら、お渡しします。

このブログも1年ちょっと、だらだらとたいしたことも書いていませんが、まあ、続けれました。消したりはしないし、ひょっこり更新されるかもしれません、気が向いたらお立ち寄りください。

最後に、俺がこの世界に生まれ、移籍するまで一緒によく遊んでくださった徳川家の皆様、移籍後、知人もなにもない状態でとりあえずうろうろしてて、なんだかんだで知り合った雑賀衆の皆様、野良とか売買とかで、袖触れ合った全ての皆様、まだであってないけど、いつかきっと、出会える全ての方々

ありがとうございました。戻ってきましたら、またよろしくおねがいします。

                                               門屋喜兵衛

a0032309_0441853.jpg


では、貧乏鍛冶屋の気まぐれの記、ここでひとまず、幕を下ろさせていただきます

(゚∀゚)ノシ

by kajiyanoossan | 2005-09-26 00:45 | 信長オンライン

でないものです

a0032309_9402529.jpg


急所に突き刺さっております。

TDドロップに夢を見てひたすら篭っております。

(σ゚Д゚)σ孔雀石


_| ̄|○


そんな最中、それでも修得がじわじわ入っていくので
こりゃ、三椏も意識しないとやばいねと思い、とりあえず
比叡クエ終わらせようかと思って一気にやったのが、今日のSS

他には、収穫祭のマラソンのリハーサルをしてみたり

気がつけば、今日は収穫祭
がんばりますかね

by kajiyanoossan | 2005-09-24 09:45 | 信長オンライン

なんだかわからないまま爆走中

a0032309_134162.jpg


なんだかぶっ通しでやってるもんで記憶曖昧です
しかたないので羅列します。なんつうか
ちゃんと生活サイクルしっかりさせんと、ぐだぐだになるさね
さっさと仕事探すかな

雁をそろえたいと思った

浜名湖いってみた。経験ウマーだった。五終わった

富士いってみた。三終わった。スクラッチで壱も終わった

勢いに任せて砦にもいった。揃った。協力感謝です。

修得のためTDに狂い始めた

収穫祭のマラソンの打ち合わせをやった

商品にしようと、TD行った

そういうときに限って上級黒染料引いた

マラソンの景品にまわします、とここで宣言します。

さっきTDでだいぶ進んだので

倉庫に寝てる修得の書使ったら、特化弐終わった

三椏、全然ねえや(´・ω・`)

by kajiyanoossan | 2005-09-23 13:08 | 信長オンライン

思いうらはら

a0032309_1646588.jpg

こんなこといわれましたがボロ雑巾にされましたよ、ええ。

さて、事前に当方の考え方を説明しておくと、当方は
カウンター反対派である、弱気かもしれないし、防衛とか
好むのは某家と同じではないかという意見もあるかもしれない

けどね

時間の大小はともかく、ログイン時間はすべて合戦にぶち込む
人種にとっては、中2週と中1週の違いって、すごく大きいのよ
仕様だし、別にそう毎日いかなくてもいいじゃないかと思われる
かもしれませんが、合戦狂ってもんはそんなもんじゃないのでね

まあ、人それぞれ、なんですが

ともあれ、朝、ログイン、もっとも昨日の朝はうっかり5時半
そりゃ人もいませんね、というか、早いとこ時間安定させないと
ゲームばっかやってるわけにもいきませんなあ
いまだに全勝なのでカウンターかと思いつつ、戦場来ると
ついいてしまいます、ぼつぼつと来る人が見え始め
あと一押しだと思ったので、稲葉でスカウトして徒党作成

a0032309_16545581.jpg


囮をせいおーさんの2アカでまかなって
先陣3つと中陣の和田を沈めました。
その後、足利さんもぼつぼつとやってきまして
そうなると囮がいないとさすがにどうにもならなくなります
朽木細川、何回か仕掛けて全て失敗、昼解散

昼はちと離脱

夕方頃、戦場に戻ると、向こうは徒党があって、こっちは数がいません
さて、そうなるとと思い、侍で防衛まげっつ開始
昨日は30個でひーひーいってましたが、これに徹すると
50くらいすぐたまるもんなんですね、終わったら献上しよっと

とりあえず夜になって人が増えるまでは、延々と
防衛にまわってました、途中こりゃあかんと思い
奈良で生産して、叱咤激励を修得、とりあえず戦場に行き

a0032309_170174.jpg


あらま、ちなみに叱咤激励は身分によって出来ない相手もいます
当方目付けですが、これだと後詰Nには叱咤激励できません
中老までいかないと、NPC全部にはできないのかもしれません
レベルによらず、身分によりそうなので、高レベルで叱咤していない人は
ひょっとしたらできないのかもしれません。

んでまあ、ぼちぼち人が来たので、侍から神主にチェンジ
囮や防衛により向いたほうに変身します。
先に出来た徒党が後詰に喧嘩売りに行くみたいなので
とりあえず徒党作って、岡先生奪還、きめる頃には
他に徒党作る人もいるみたいなので解散して囮、防衛

この夜は神職が結構いなかったみたいで誘われます
ええ、囮も無論やってますけどね。誘われて三淵落としに
ここでロングランを提案し、徒党員全員馬、囮にも片っ端から馬
馬、馬、馬、で仕掛けることに

a0032309_173549.jpg


そんな私から見た風景なのですが、これがものすごく気持ちよく
走ってる間、成功とか失敗とかどうでもよかったりしました
まあ、割れなく取り付いたので負ける理由もなく
その後落ちる人もいたので、この一戦で解散、でも満足

その後、戦況が微妙に落ち着いてきたので
侍でまげまげと変身、少し戦うと、すぐに
「神職いまてん」ということで変身

中中細川侵攻、ええ、ここでありえないミスして割れましたよ
神割れ、鍛冶屋で昔なれてない頃に割れたことはそりゃ
反吐がでるほどありますが、神で馬、狙撃のぞいて
普通に割れるというか、遅れたことを自覚して割れたのは初めて
激しく凹みましたが、幸いすぐに救援が入って、撃破できた模様

その後、敵右先(大館、沸き松田)があいてたので
突撃して落とします、ええ、今度は割れません

a0032309_1793164.jpg


時間も時間なので、そこで解散、でもたま殿から
火縄少々貰ってログアウト、翌日花火加工してました。
朝は、試験者がいたので、カイエン殿から神要請きたのでマゲ登場
つつがなく中川沈めて試験終了、最後、郷に戻って
新参クエの手伝いを叫ぶ声あったので手伝って終了

でも、俺はカウンター反対派
かといって、あからさまに手を抜くのも
足利さんの侵攻を指をくわえて見るのも、趣味じゃない

by kajiyanoossan | 2005-09-21 17:10 | 信長オンライン

門屋使いの荒い日

a0032309_5471464.jpg


本当ならツアーズは昨日更新予定だったのだが、どうにも
ネットの調子が悪くて断念してました。んでまとめて更新
ともあれ、久しぶりにまずは知行チェックから、ええ、ちっとも
浄水も生漆もたまっていませんよ

(つД`)

まあ、宇治です、ちっともいってなかったので行きましょうか
まげ集めて目付け試験終わらせましょうかとログイン
足利さんいません

というか、先全部抜かれて移動もめんどいので
集まった7人でとりあえず雀奪還、俺とカイエン薬死亡
旗を鍛冶屋にしといてよかったねえと思いつつ、離脱して
王殿に救援はいってもらって雀奪還

怪我なのでついでに王殿に鶴奪還も行って貰って無事完了

その後、道のとおりを良くする為に、三淵、大館をプゲイで行きます
終わったらまあそこで解散、どうすっかなあ、と思えば
トラ殿が門前精鋭で鋳鉄と叫ぶので徒党作ってたら
神がいませんという話になり、まげに変身

王殿が、なんか和田に行くしかないような空気なんだけど、というので
なら和田抜けばいいじゃない、と和田落し、さあ、精鋭だと思うと
武市殿都合で離脱、今度は神はいるけど鍛冶がいない
まげからひげに変身、門前精鋭を都合3回狩って
徒党員に2回、鋳鉄四がでました、価格的には万貫クラスなんだけど
鉄砲に関する新生産があまりにもアレだから、なんともです。

4回目の門前精鋭やってたら、陣が終わりました。

次の陣、開幕からぷげいで参戦します
ええ、まげ30集めないといけないのでね
幸い、足利さんも開幕で結構いたので、こりゃがんばるしかない
協力してくれた皆様、ありがとうございました

どうにかこうにか30整えて、寄合いって出世します

a0032309_55842.jpg


キタコレ

旗もらって、戦場戻る頃にはきっちり退社しておられましたよ
急いで奉行目指すしかねえんだろうなあ、鍛冶屋で虎でもやっかな

まあ、試験さえ終われば、叱咤すら覚えてない43侍に用はないので
まげで走り回ることにします、しかしどうにも攻めてが薄いと思ったので
徒党作成、とりあえず開幕直後の足がかりだけはしとこうかと

編成上、今度はまげからひげに変身とかしまして

細川取り付き失敗して一回、ずたずたにされた後に
狩野>朽木>小笠原と巡回、無論奪還もくらいましたが
その間に別徒党も細川沈めたので中2個先に落とした分いいカナと思い
時計の針は午後9時でしたが、そこで離脱

ちょいと一休みできがつけば4時半過ぎ、疲れてたんだなあと思いつつ
こうしてブログなんぞ書いているのでありました。

by kajiyanoossan | 2005-09-20 06:03 | 信長オンライン

門屋ツアーズ・終

9月18日 午後6時

本日、6時半に新宿にて待ち合わせにて友人宅中野坂上から新宿までは30分あればお釣りがくるので、早めに出すぎると時間の使い方に戸惑うので結構ぎりぎりまで友人宅で待機してしかる後に出発、万全であると思いつつ駅に向かい、たどり着くことで、友人宅の時計が遅刻防止か何かですべて30分早いことを知る。

30分早くついたことで昨日とは違い、今度は故意に西口から降りる、今日の待ち合わせは東口なのでまあ時間つぶしがてら、昨日は南回りだったから今日は北回りでいってやろうという試み、結果、北からまわろうと思うと、あっさり「連絡口」に気がついてあっという間に東口、どうもちぐはぐである。

仕方ないので集合場所に移動する。当然、まだ誰も来ていないであろう、というよりもだいごー殿以外は誰が来ようとも分かりはしないのである、大体この門屋ツアーズ、事前に顔が分かっているのは20年来のつきあいのある中野の友人だけだったりするわけで、そう考えたらもう居直るしかないわけだよなあ、と思う。

涼風殿が少し遅れるというわけで神谷殿の連絡先を教えていただき、神谷殿と合流、同じ頃だいごー殿も合流、神谷家は兄弟で参陣、4人でさて、後で誰が来るのだろうかと思うが、あからさまにそうとしか思えない集団がいたのだが、やっぱり誰だか分からないので涼風殿が来るまでは素直に待機、後にそれがあかね屋殿だと判明するが、まあ、わからんわな

都合13人であろうか、美濃あふぉの会、忍空戦隊、長屋(敬称略、順不同)の合同オフとのことである、俺とだいごー殿はどれにも属していないわけだが、まあ、ここまできてんなこと言ってられねえわけで、たとえ飲み会の座り位置が俺の周りぐるっと忍空~、誰とも仮想戦国で組んだことねーと思っても、酒飲みながら話すればどうにでもなるものである。元々、信長の野望オンラインという共通の知識があるわけだから実際なんとかなった。

一次会が終わって二次会はカラオケなわけで、なんだか久しぶりだなあと思う、ああ、駿河でも歌ったが、あそこはカラオケがメインというわけでもないからのう、とりあえず一次会で全体の年齢的に思っていたよりも若干上であることがわかったので、とりあえず通じる歌を歌っておいた、当方の外見はどう考えてもおっさん+無精髭なので、一発目にこれ歌うとたいてい驚かれる、という戦局、10年以上の煙草の付き合いですっかりのどがだめになったが、若い頃は延々あんぐらいの曲が歌えたねえと思うあたりはすっかり年寄りかもしれない。

二次会が終わる頃、夜も十分にふけており帰るものもあり、残るものもあり、当方は中野坂上、いざとなれば歩けばよかろうと思い、残る、なぜか宿を確保しているだいごー殿も残る、ちなみに前日の門屋ツアーズ・参を書いた漫画喫茶はあっさりあかね屋殿に看破された、どうやらご近所の模様。それで神谷殿も残って3人、さて、どうするかと思えば「電車なかったー」と5人ほど戻ってきてまた8人に、だらだらすごせる場所ということでカラオケボックスに移動。

「いや帰しませんから」とか威勢のいいことを言っていた神谷殿がいの一番に眠りに着く新宿のカラオケボックスは、さてさて90年代に戻ったような懐かしい唄のオンパレード、特にだいごー殿の選曲した「からたち野道」はまさかここでこれを選ぶ人に会えるとは!という感動、ほかに色々歌うも、当方も4時前か、3時過ぎか、一時的に力尽きる。

まあそれでも始発前に起きて、カラオケボックスを出る、西武線組の神谷兄弟とそこで別れ、JR組とも別れ、丸の内線の乗り口を探す、いつまでもないと思えばとっくに通り過ぎており、先ほどJR組と分かれたあたりをこそこそと舞い戻る男あり、どうにかたどり着くも、始発までまだ20分の間がある

「歩いたほうがはやいよな」

駅員に切符を投げ返し、青梅街道を歩くことにする、結果、始発が新宿に来る5時35分に中野坂上着、勝利である。これで旅に出る前に会う予定だったかたがたとは全員会えました、あまりリアルに触れるのもなんだし、酒を飲むと記憶がかなり曖昧になるので正直今の時点で全員の名前、思い出せません、御免なさい、まあ、会えば思いだすだろうし、仮想戦国どこかであったらまた、よろしくお願いします。

ここから追加の話が始まる。実は昨日メールが着ており、発進もとは藤蔭篤守殿、なんでも所用でこっちに来ているらしく、せっかくだから昼飯でも食おうじゃないかとのこと、若生殿のところに一泊世話になっているということなので、若生殿も来るということ、新宿で待ち合わせ、そのために今朝何時に寝たか思い出せないが、午前10時には、起きていた。

この話はだいごー殿にもしており、まあ、帰りの飛行機が時間ずらせれば、とのことであった。とりあえず聞いた時間ならもう出てるよな、と思いつつ、メールを送信してみれば「飛行機乗り過ごして、帰るの4時です、行きます」との返事、やらかしたものと思われる。幸い、チケットの払い戻しというか切り替えはできたようで一安心

駿河もそうだったが、今回の4人も全員雑賀家老、信長ネタというより、合戦ネタの話になるのも、まあ、当たり前の話かな、昼だったので、酒もなく、まあ2時間ほどの邂逅、次はもうちょい時間のあるときがいいさねと思いつつ、各人の用事もあるし解散、この4人、北海道、東北、関東、四国、たまたまの4人にしては、なんかすげえな、とは思った。

その後、中野に戻り、漫画喫茶で門屋ツアーズ・参を書いて、適当にマンガ読んで暇をつぶして、中野を出立、戻るバスで読むのは司馬遼太郎の国盗り物語、まあ、このへんはなれてるから普通にバスターミナル行って、乗り込む、乗り込んだ後、とりあえずアドレス分かってる人たちにお礼のメールを打って、あとは松山に

翌朝、四国松山に戻りまして、住み慣れた自宅に戻りまして、風呂に入りて、初日よりたくわえた無精髭をそり落とす、それをもって門屋ツアーズの締めとさせていただきたく思います。当方の当てのない小旅行に関わってくださった方、本当にありがとうございました。この場を持ちましてお礼とさせていただきます。次があるかどうかなんてわかりませんが、とりあえずは、また、戦国の世でお会いしましょう。



                                                 門屋喜兵衛

by kajiyanoossan | 2005-09-20 05:41 | 個人メモ

門屋ツアーズ・参

9月16日午後三時

中野拠点の友人と飯を食っている。で、今日は彼の「宿題」の手伝いというのをやっているわけで。それ以外にもいろいろと話をし、いろいろと物思うことはできた。これらは雑事ゆえすぐにどうこうとはいかぬが、まあ、今後松山に戻った折、いろいろと企もう。

夕刻を向かえ、だいごー殿と連絡を取る。集合場所についてはお互い道に不案内ゆえ、とりあえず俺のわかる西口にいたすことにあいなった。今まで大江戸線を利用していたわけだが、今日は少し気分を変えて丸の内線、中野坂上からの道のりは同じなのでとてもいい塩梅、問題があるとすれば、人の波にあやつられ、気がつけば俺は新宿駅東口に立っていた、ということであろうか。

だいごー殿にメールを送り、歩き始める、こういうときはシンプルに考えるのが肝要なり。東口に立ってしまえば南西とぐるっとあるけばいいじゃないか。メールを送りながらとことこと歩く、お、あれは南口かな、ならもう少しあるけばきっと踏み切りはあるだろうし、そうなれば西口などすぐであろう、されどなかなか踏切がなく、やっと見つけたところは「JR代々木駅」であった。この時点で新宿は俺の中で魔都に認定されたことはいうまでもない。その後、どうにか歩いて西口にたどり着き、無事、無明印大剛殿と合流。

お互い不案内、正直、俺はだいごー殿は関東の人間でありトキオの人間であり、歌舞伎町だろうがなんだろうがなんでもござれのスーパー破戒僧だと思っていたのが、拠点を聞くとあら遠い。さてどうしたもんかとふらふら歩きながら、前日にだいごー殿が飲んだという居酒屋に二人で行くことに、安くて美味しいよき店であった。

駿河道中もそうだったのだが、お互い日本国に生きる以上は普通に戸籍があり名前があるわけで、本来ならそれで呼ぶのが当たり前なのだが、やはり俺はだいごーさんと言うし、向こうもこちらを門屋さんという、まあ、あだ名みたいなものと解釈すれば、それが自然なのかな、その名前でこれこれ1年以上呼ばれておるわけだしのう。

都合11時、4時間ほど飲んだであろうか、お互いの電車もあるわけだし、ここで切り上げることにする、そしてその席のさなかに涼風殿よりメールがあり、明日の飲み会の話であった。メールの内容を見ると結構、存じ上げない方もおられる、だったら


「だいごーさん、明日も信長絡みの飲み会あっけど、くるかい?」

その後、帰宅し就寝、今宵はいつもより早く眠りにつくことにする、理由は今日は寝ていても問題がなく、むしろ体力を多めに回復させておきたいところである、なぜなら明後日の夜はまた、夜行バスであり、眠気をある程度誘発するための疲労は必要なところだからである。

そして土曜日、この日は少しゆっくりと起きる、普段なら漫画喫茶におもむき、更新作業に取り掛かるところであるが、今日に関しては、くだんの「宿題」の件があるゆえ、漫画喫茶に篭るのは困難なようである、とりあえずは朝食を適当にいただき、友人宅に戻りて、すっかりさび付いている脳みそのエンジンをかけてみる。さびてはいるが動かないわけではなさそうだ。

そうこうすると午後三時、ちと、清潔にでもしようかと近くの銭湯に赴くことにする。「本日休業」という素敵メッセージに閉口する。無精ひげは旅先では剃らないというのは俺個人の伝統なのでかまわないのだが、ただでさえおっさんなのに匂う状況は避けねばなるまい、友人宅の風呂は引越し直前ということで使われておらず、台所周りともども悲劇的な状況になってはいるのだが、背に腹は変えられぬ、居直って利用すると普通に使えるもので、さっぱりした、やはり体を洗うことは大切である。かくして、今宵のあふぉ会、忍空、長屋の合同オフに、いずれにも所属していない門屋喜兵衛、無明院大剛、両名で乗り込むにいたるのである。

ここで筆をおく、実際はもう終わり、あとは帰りのバスに乗り込むだけなのであるが、旅行はすべて終わって家に帰って一息つくまでが旅行。そこにいたったとき、門屋ツアーズの終章を書くことにいたそう、それではこのへんで、また。

-

by kajiyanoossan | 2005-09-18 16:22 | 個人メモ