貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:門屋家心得( 5 )


知行の心得 ~そうは版~

(・ω・)ノヤァ

そーはに必死でなんというか必死すぎて
ろくに更新してません、こんばんわ。


そんなさなかにいつものブログを書いても
薄っぺらいので、そーは1ヶ月以上経過して
思ったことを書いてみる。

役に立つかどうかは知らない。ただ人によっては
知行のシステムに懊悩してる人もいるだろうと思ったので

いわゆる「俺式」今の知行との接し方を書いてみる。
んで、会社っぽく書いてみる。


1、はじめに


まず、意識しなければいけないのは村役たち


こいつらに愛社精神はない


人間たるもの勤続年数が長くなればそれなりに会社に愛着もわくだろうし
人によっては上司を、会社を守るために紙切れに私がやりましたと妄言書いて
ビルの上からスカイハイのテーマにのせてアスファルトに
フライングボディアタックを敢行するのが日本人ですが、こいつらにそれを期待しちゃだめ。


通常の給料をもらいつつ、ボーナスもらわないとすぐにやめちゃう。
うらやましくってしょうがない身分。何がいいたいかというと


放置したところで忠誠度は伸びない



忠誠度を上げるためには食料、金銭、酒、家宝のいずれかをあげればいいんですが
門屋家はめんどくさいので金銭一本。九州通いで家宝の拾い物も若干ありますが
今のところ金銭一本、ちなみに一度の最高額は10貫、惜しまず投げろ
これで7~13忠誠度あがります。ちなみに人事>褒美コマンド使用
この褒美には限度回数ありますんで注意。
ほっとけば増えていきます、マックスは60回

まず門屋家がしたことは忠誠度を全員マックス(100)まで引き上げ
仕事もなにもさせずにとにかく忠誠度100を目指し、到達


2、忠誠度があがったら





放置




村役には「行動力」という概念があり、放置すると1時間で10回復します。
で、作業量に応じて行動力を消費していきます。
門屋家としましては、そーは開幕と同時に




知行10日間完全放置


敢行しまして、全員回復マックス3600に到達しました。


その後、加工だのなんだのを命じて、一回命じるごとに褒美コマンドを使用
常に100維持、加工で2000近く行動力ふっ飛ばしても、2回も褒美上げればまず100
実験がてらレベル2の村役とかの行動を3600ふっとばしたら
忠誠度最大で30ほど落ちたかな、もちろん即褒美


従来の知行制度は常にコマンド使用状態で
おじいちゃんのしょんべんのようなダラダラ感がありましたが
少なくともそーはの門屋家は

1勤13休制度を採用



効率よい運営?ぶっちゃけめんどくね?



門屋家のスタンスとして「ノー出奔」これが合言葉
ちなみに商業度を45000↑にしてれば印象としてほっといても金増えます。
市なんかたてておくとどうもupしてる模様


ほっとくと小銭が溜まりだすので、溜まった小銭は抜きます。


これもただ抜くのではなく、チリ人ホステスにいれあげた公務員の気分で抜きましょう。
どうせ使い道なんざヤクか服(装備)だし、本国に送金されないだけマシです。


まあ、門屋さんの場合、知行実装時からちょこちょこちょこちょこ
小銭を放り込んできたんで、そうは開始時に主要6キャラは
石高20000↑商業45000↑になってたんで、というのもあるかもしれません。

商業や石高あげるにしても、基本は2週間に1回。
今の仕様ではレベル5~7くらいまではあっというまっぽいですが
急いだってしょうがない、無理すればひずみが生まれるだけです。
のんびりとやりましょう。


私見ですが、今の仕様で見る限りでは知行私設は5↑あれば
そこそこの小銭は稼げると思っています。

3、てっとりばやく知行を育てる一つの方法

ちなみに人口20000以下だったか石高20000以下だったか忘れましたが
そのくらいまでは中級クエの特化クエのドロップで
アイテムがごろごろ転がってきます。低レベル知行をどうにかしていくには
特化クエの手伝いというのも結構オススメ、青だして2時間も3時間も転がってるくらいなら
アカだして特化クエの人集めてる党首に対話送って手伝うのもいいかもしれません。
経験上特化123、どれをとっても1丹いりません。(神職に最低限の知識と腕いりますが)
仮に自分以外の全員が希望しても何かは手に入る(つまりそれくらいでる)ので
決して無駄にはなりません。


門屋さんが中級クエ手伝いで鎧や術を出したがるのはアイテムが欲しいから。
それ以外のキャラはとっても意味がないので希望しません。

ちなみに鉄砲で手伝ってというと喜びます


撃ちたいからな


基本的に意識してるのはこれくらい。
5~7くらいの知行で小銭を稼ぐには、というかどうしてるかってのは
ちょっと自分でもまだ思いついて実践してない部分があるんで
そこそこ稼げるかな、と思ったら書くことにします。反響あったらの話ですが

by kajiyanoossan | 2008-05-04 20:50 | 門屋家心得

囮の話1

そういや開発本陣に新グラ表示されてましたな

男鍛冶はどこまではっちゃけてくれるのかなあ

侍のマントは否定的な意見が多いかもしれんが

覆面マントができるってすばらしいじゃないか

前向きなのかあ、俺、まあ他の追加仕様見たら
確実に末期に向かってる気はするんですけどねw

さてさて、話がそれました、囮の話

前にも書きましたが、私は武将徒党は戦場の華の一つだと思っております
囮はその脇にひっそりと生える草でしょうが、しかし
草があるからこそ、華は輝くことができるのです。

最初に言っておきますが

意地と誇りを持って囮ができない人は、囮には向かないのかもしれません

やるからには、絶対に送り届けてやる、それぐらいの気持ちで行きたいものです。

さてさて、囮ですが、基本的には武将徒党の人のカウントに従って走ります
このへんは武将徒党の人によりけりだと思います、一番多いのは
「5,4,3,2,1,0」で、囮は2スタートでしょうか

それでまあ敵陣に向かって突っ走るわけですが、いくつか注意点があります

敵の陣は中心である武将までの道のりに

足軽>普通N>陣内N>武将とあります、普通Nと陣内Nは見破ります
そして防衛の敵プレイヤーも当然いるわけで

足軽
見破らない、高レベルだと絡まれない、ただし叱咤はいってると
レベル55とかでも普通に絡まれる。武将徒党はだいたい神隠しの唄使うので
足軽はセーフですが、ロングランだと隠しがもたない時があります。
そういう時のために自分のレベルが低いときはあえて足軽を釣っておくという手もあります

普通N、陣内N
見破ります、こいつがフリーだと武将徒党は絡まれます、陣内Nはともかく
普通Nは移動ルートが結構広いので、囮が走るときは射程範囲外
武将徒党が駆け抜けるときに射程範囲内に入るということもあります

武将
見破りません、とはいえこいつの射程内に入るときまで隠しが維持されるのは
ある程度囮の数がいないと無理です、うっかり武将に襲われそうになったら
なんでも近くの敵をたたきましょう。

敵プレイヤー
基本的に全員見破る(侍、鍛冶、忍者は目薬、真実の唄、霊石が必要ではありますが)
と考えて臨みましょう、囮の真骨頂はいかに多くのNを釣りあげつつ、防衛プレイヤーを叩けるか、
ということにあるといっても過言ではありません、と未熟な俺が言ってみる。

P叩きについて
武将徒党の失敗の理由として一番多いのがこの敵のプレイヤーにとめられる
というのが一番多いと思います、止められてしまうと、足止めの間に
たいていどこからともなく馬がやってきて、砲兵は狙撃待機して
Pを潰した後、割られて乙、というパターンです、そのため、囮をやるときは
いかにPを叩けるか、というのも重要になるわけです、特に防衛のうまい人は
こっちからタゲれない位置に待機して、武将徒党を叩く人が多いデスネ、経験的に

ちなみにPを叩くメリットとして、戦場でPに殺されても名声が減らない、というのがあります
名声なんて堺の商人と官位ぐらいにしか影響ないと思ってますし、私は
名声不要ですから死ぬことは怖くないのですが、名声が大事だが、囮もするというなら
積極的にPをたたきましょう、まげならいくらでもくれてやればいいのですから

特に長いこと戦ってると、「防衛名人」というのがわかってきます
北条の野武士ルックの人が有名らしいです、当方も侍で三方が原出向いたときに
その方がきっちり止めてるのを見ました。こういう人を叩くことに成功すれば
部隊(私設)会話でヒーロー間違いなしです。いやまじで

防衛名人はたった一人で相手武将徒党の矛先を変えることもあります
まあ、このへんはいずれ防衛の話もしますのでそのときにでも

以前のバー読みの話で宣言が大事だと書きましたが、囮の時も同様です
武将徒党のカウントの前に宣言しておくと、他の囮の方々とも連携できます

宣言の例

「家老尼僧叩きます」
(足利家の防衛名人の紫織丸殿のこと、当方はすでにリスペクトの領域。
ちなみにこれは特定のPを叩きに行くことを宣言することで
他の人は別のPを狙いにいけるわけです、同じPを叩きにいって、叩き損ねて武将を釣って
あっはんという展開を防ぐことができます)

「ケガなのでN釣ります」
(上司が落ちていると、マラソンできません、そのため転生貰って怪我になるわけですが、
怪我状態では敵プレイヤーを叩けないので思い切り陣に突っ込んで行くぞとの宣言)

「馬なので0で出ます」
(馬は機動力が高いので徒歩と同じカウントででると、まず自分一人が突き抜けてしまいます、
そのため、馬のときはカウント0がいい感じです、ロングランならば、武将徒党が
動いたのを確認してから走っても、追い抜いて敵陣に行けます、慣れがいりますが)

長くなったので今日はこの辺で、囮の話はもう少し続きます

あと、門屋家心得ですが、基本的に思いついたことを適当に書きますが
信長オンラインに関することであれば、テーマ希望受け付けます。
ただし、あくまで門屋家の主観であり、正しいことを書くというわけでもありません
あと、鎧鍛冶、ぷ芸侍、まげ神主しかそれなりのレベルキャラもってないので
それ以外も無理ですなあ

by kajiyanoossan | 2005-12-02 00:30 | 門屋家心得

バー読みの話3

前哨戦の合間をぬってバー読みの話3

とはいえ、私の文章は本当に基本だと思います、応用は実践の中で自分の頭の中からしか生まれてこないと思います。

さてさて

前回の話がまあ、バー読みの基本だと思いますので、当方のバー読みの話を少し
バーを読むのを覚えるのに一番最適な職業ですが、これは満場一致で

盾鍛冶屋

だと思われます、理由は

ヒマだから

盾鍛冶というのは極み打ってあとは挑発、最後のほうにちょろっと追い込み撃
なので戦闘の基本はかなりヒマです、武将とかでもたいていヒマ、なんせ
殴られ続け、生きていることが最重要とされる職であるし、特に鎧鍛冶は

止めにいっても止めれないしね

理由は攻撃力ないし(盾装備のため)鎧鍛冶はサポ技能もないしね、だからこそ
たまにここ一番で自分が動いて止めれた時は最高の快感を得れますが。つっても
それで敵の攻撃抜けたり、タゲロック外れては意味がないので要注意

私の場合、飛龍前から武将行ってて、その頃の鍛冶屋は安定すると
極み>トイレ>挑発>煙草>極み
とかしてても何も言われなかったので、そのころバーを結構見てました

侍忍者は準備バーが読めることが必要最低条件だと思いますが、
鍛冶屋が気をつけたい敵のバーは

陰陽師の詠唱準備バー(吹雪)および、霧散、看破バーではないでしょうか

ただし

見てわかったから先手打って特に対応できるわけではない

止めれませんから、ならなぜ読めたほうがいいかといえば
極み>敵の霧散>挑発だと

丸腰刑事(デカ)モードで痛い敵を釣ってしまうことになります

そこで

極み>なんかキタ>宣言して極み重ねがけ

となります、当たれば丸腰状態が短いですし、外れても硬くなれます
もっとも、守護任せになってしまうという欠点はありますが
このへんはケースバイケース、ちなみに鍛冶屋でも鉄砲鍛冶は
狙撃改による術止めを要求されることが多いので、準備バーは読めたほうがいいです。

他の職のバー読みですが、これは当方、正直なところ
侍鍛冶神職でしかある程度の経験がないんでなんともなのです、申し訳ない

まあ

神職の場合、付与をつけることがメインの職業なので
やっぱり看破、霧散バー(詠唱が飛ぶため)は読めたほうがいいでしょう
確か、看破、霧散、呪霧系は同じ長さなので、一つ分かれば応用が利くわけです

看破、呪霧バーは味方の薬さんや侍忍さんが使うことが多いのでそのへん
見ていけばある程度はわかると思います。

最後に

バー読みは絶対に必要かといえば少し私も考えますが、少なくとも
敵の行動を読んで立ち回れることは戦闘を有利に進めれますし、徒党の
安全確保にもつながります、そうなると円滑に狩が進めれることが多いわけです。

また、そういうことができる人だと分かれば誘いやすいというケースも多いです
当方も、絶交リストは使ったことないですが、自分からは絶対誘いたくない
そんな人もいますからね、あと、バーを読んで行動を起こすときは

必ず宣言してから行動を起こすこと

戦ってるのは自分だけではない、自分が戦えるのも
回りの人の協力があってこそ、こう考えて戦ってれば

バー読みなんか気がつきゃ最低限のことはできてるようになると思いますけどね。

by kajiyanoossan | 2005-11-30 01:36 | 門屋家心得

バー読みの話2

坂井平野行ってきて、さて寝ようと思ったが
おぎやはぎのDVD見てるからそのついでにバー読み第二章

準備バーのきてからの行動について、ですな

世間的にバー読み必須な職というのがあります

侍、忍者がそれです、その理由は

相手の行動を100%止めることのできる技能がある

侍ならば「みねうち」
忍者ならば「痺れ斬り」

ですね。この二つは相手に当たれば100%止めれます
止めれない状況は相手の行動不能が解除されて、その次の行動
これは止めれません、ただし、詠唱準備がはいると、それは1行動となるので

みねうち>相手行動不能>みねうち

では、相手はとまりません、しかし

みねうち>相手行動不能>相手行動>みねうち

ならば相手はとまるわけです。
闇雲にみねや痺れを連打しても意味がないということは
心の片隅にとどめておきましょう。

ちなみに、詠唱準備中は相手は回避不能状態なので
準備を見てあわせれば確実に止めれます、これが

みね(痺れ)待機というヤツです
無行動だと名前が白いままなので、場合によっては
「落ちてる?」と解釈されかねません、厳しい敵と戦うときは
積極的に声をだしましょう

a0032309_2352373.jpg


このSS、しかしほんと懐かしいものを引っ張り出すなあ

a0032309_2361391.jpg


このセリフがいわゆる待機証明ですね。

忍者の痺れ斬りは100%ですが、相手が結界張っていない限り
不意打ちでもかなり術は止まります、このSSのケースは

忍者隠れ身>バーを見ると準備っぽい>不意打ち待機

>4が術じゃなかった>んじゃ別の行くか、ということになるわけです。

このSSのころは、敵は一所とか陽動を使ってこなかったので
守護抜けの不意打ちは術止めに大活躍してました、
今も活躍してますが、たまに一所に引っかかって止めにいけないときがあります
そういうときは

「6つられ」とか「4むり」とか
早めに宣言しましょう、そうすることで
他の人間が対処できますし、100%でなくても

誰かが術止めに動くこともありますので。

バー読みを覚えると、相手の行動に対して、先手が打てることがあり
決まるととても気持ちいいので、頑張りましょう(゚∀゚)

次回は、侍忍者以外の職のバー読みについて
つらつらと書きますかねえ

バー読みの話が終わったら、次は囮の話でもしようかなあ

by kajiyanoossan | 2005-11-19 02:55 | 門屋家心得

バー読みの話

冬も近づく中一人で海に行って
2時間ちょっとルアーロッド振り回してきました。こんばんわ

で、帰ってきたら47メガってなんですかね、これ
仕方ないから番外編として信長について
あれこれ書いてみるカテゴリ「門屋家心得」発進します
これは完全に番外編なのでコメント返し等はいたしません。
コメント返しはカテゴリ「信長オンライン」のほうでやります、あしからず。

さてさて

某所にてバー読みできない云々あったので、バー読みについて書いてみる。

このゲームは行動ごとに時間が設定されてまして、その時間を経過すると
入力が完了したとみなされ、完了順に行動が成立して行きます。そして
その行動はそれぞれにかかる時間が決まっており、戦闘中の上のほうに
バーが順繰りに流れて行きます、この長さから相手の行動を読むのが

通称「バー読み」

といわれるものであります。

全ての行動が読めればそれにこしたことはないですが
いかんせんそうも行きません、世間で最低限度必要とされるのが

「準備バー」とよばれるやつですね

陰陽さんが「きゅーきゅーにょりつりょーほーどーふせーがんかふジョージア」

と叫んでるあれです。バー読みの対象が陰陽さんの場合、この長さのバーが出れば
武将戦では100%詠唱準備といっても過言ではアリマセン。

a0032309_43889.jpg


なぜか神主ですが、このSSの神主の行動の長さが準備バー
ずいぶんと懐かしいSSを引っ張り出してみましたね、俺w

人によって画面は違うかもしれません、そういう時は

「この長さのバーと同じ行動」

を覚えておくと確認できます。ちなみに準備バーの場合
同じバーの長さを持つ行動で見かけられるものとして



3連撃、4連撃(改を含む)、一所懸命

鍛冶

挑発、罵倒、3連撃、4連撃

忍者

3連撃

神職

詠唱準備、各種韻、弓攻撃の一部



詠唱準備、英明、高速化といった付与

陰陽

詠唱準備

薬師

詠唱準備、攻撃、防御の付与

共通

近接武器攻撃を仕掛け回避反撃を食らう場合

が、あげられます。なお、侍忍鍛の3連撃、4連撃などは
トドメをさした場合、若干長くなります。
あと、開幕2~3行動ぐらいは少し長めの演出になることが多いです。

上の主な例を見ていただくと、陰陽があの長さなら術が
神職は術or韻の可能性が高いことが容易に考えられます。

と、ここまで書いたところでダウンロード、アップデート終了しました
知行のぞいて寝るかな。

次回は準備バーからとる次の行動について書きたいと思います

by kajiyanoossan | 2005-11-17 04:16 | 門屋家心得