貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

門屋ツアーズ弐式・弐

2月10日 午前9時

電車は進み、横浜駅に到着、さて、目的地のパシフィコ横浜はどこだろうかといまさら考える、たしか釣り雑誌にアクセスがあったなとコンビニを探すべく横浜駅周辺を散策する、少し歩いて発見、雑誌コーナーに向かうも、ない。近くに釣具屋が3件あるからか、おいていない、やむを得ず別のコンビニに向かうも、ない、幸い地図があったので、確認すれば、みなとみらい線に乗車して二駅、降りて歩けば問題なさそうだ、横浜駅に戻り、切符を所望して乗車、到着、改札を抜けるとわかりやすい矢印があったのでそれに近づくと、パシフィコ横浜に到着

a0032309_121521.jpg


パシフィコ横浜を外より見て、さて、こんな感じの風景には見覚えがある、ああ、昔仕事で訪れた東京ビッグサイトかな、大都市の海沿いにある巨大な建物、常に人影のあるような場所ゆえかまわぬが、ここに人影のないときの空虚さはいかなものかなあと思う、まあ、それはどこも同じか。

a0032309_181844.jpg


ここは信長の野望のブログゆえ、フィッシングショーに関することは割愛させていただく。まあ、大展示会、釣りに興味があればそれなりに楽しめるということである。

会場を散策していると、或殿よりメールが入る、2時半には合流できそうだとのこと、しからば、それくらいの時間には会場を後にするかと思い、適当に見て周り、午後2時、少し早く会場を出て、外に出て煙草を呑む、そして、空き時間、ひたすらに宮部みゆきの「模倣犯」を読みふける。

午後3時に或殿と合流、めんどうくさがって散髪に行かず、旅行中は髭を剃らないといういつでもお巡りさんにナンパ上等のいでたちの当方とは真逆といえる、感じのいいお方でござった。自分の車が修理中ということで、わざわざレンタカーでのご登場、曰く、車乗りを生業としているため、電車とかは好かぬので、車で行けるなら車を出す主義とのこと、これもまた当方とは真逆である。それも人の面白さ、よきかなよきかな。

移動開始である、スムーズに進めば早めに目的地に着くのであるが、釣具屋に寄りたいと駄々をこねる痴れ者に対し、快く寄ってくださる或殿に頭が上がらない、あげくに寄り道をしたことで渋滞に呑まれる時間帯に突入し、きっちり呑まれる、この程度の渋滞など日常茶飯事と或殿は言われるが、田舎暮らしの長い当方はきっとキれてしまいます、それが神奈川の渋滞である。

a0032309_1195927.jpg


余談ではあるが、この道はいわゆる「湘南爆走族」や「湘南純愛組」が走る国道であるという、夕焼けの向こうの富士の美しさに思わず携帯のカメラを動かした次第、こうして箱根を越え、静岡に入り、ここにてカイエン殿と連絡を取り合い、合流点を導き出す、先に到着し、現在地を伝え、しばらく後にカイエン殿と真中殿と合流、とりあえず、食事にいたそうか。

ここまで書いて一度筆をおく、続きは明日の朝にでも書こうか

しかし

この後のこと、どこまで書いたものですかね。

by kajiyanoossan | 2006-02-14 01:24 | 信長特別企画
<< ゆるりと試験開始 原始の戦い >>