貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3rd Strike

とりあえず大津に参戦しましたが、陣の終わりも近かったことと
両軍武将徒党なさそうでしたので、囮も防衛も仕事なさそうなので、とりあえず撤収

そういえば、おんもの育成、1丹くらいはやっとこうかと思い
金山に行くことに、雁もついでにと思ってね

適当に徒党を揃えて金山へ

a0032309_104031.jpg


この五行のログから状況を察していただけると幸いです。
上野の西郷さんよろしくとばかりに次の便に備えます

a0032309_113594.jpg


まあどうにか金山に侵入します
相変わらず道を覚える気はありませんが、わかる人がいたのでついていきます
途中、戦闘に入りますが、普通に救援はいっても面白くないなあと思います


そんなことを考えていると巫女さんが手招きするのでついていきます

a0032309_134931.jpg


結界>華華華・・・

と、きらびやかに巫女と至福のときを過ごすつもりでしたが
野暮な野郎が突っ込んできましたよ

a0032309_145738.jpg


こ、この後姿は

a0032309_15327.jpg


いきなり相手に目潰しかますこの卑怯さは

まさに由真寺外道僧イイヌマン

また、イイヌマン参上を聞きつけて、
この男もハワイから帰ってきました

a0032309_175312.jpg


矢倉マン(仮称)推参!

こんな二人のヒーローがいる以上、金山レベルの敵などおそるるに足りないわけで
ボスでも狩るかとずんずん突き進みます

まずは金山の牛鬼を軽く撃破

a0032309_1102410.jpg

※陰陽の鉄砲に弾は入っておりません

続いて殺生石の魔物も軽く粉砕
イイヌマン(常に半角)、矢倉マン(仮称)この二人を止めれる敵などいようはずもない!



a0032309_11245.jpg


まあ、それが現実な今回は
ゲストアタッカーに蒲生宗茂殿をお迎えしました。

誘ったときに

「撃ちまくる盾と撃ちまくるアタッカー、どちらがいいですか?」

と、聞いて

「撃ちまくるアタッカー」

と、回答が来ましたので、そのままアタッカーで入っていただきました。

a0032309_1155369.jpg

そんな蒲生殿もチューズデイナイト・フィーバーでノリノリです

a0032309_1173677.jpg

ちょっとまだ蒲生殿も腰のひねりが甘いかもしれません

そんな今日の編成

鉄砲 医術 軍学 二刀見習 エセ召喚 イイヌマン 矢倉マン(仮称)

盾が軍学1のみという

野良でやったら晒されそうな構成で臨んでおります 

まあ、鉄砲、軍学、二刀見習ですから術止めは完璧です

a0032309_119695.jpg


a0032309_1191422.jpg


・・・きっと止まると信じてます

そしていよいよメインディッシュの金山彦神
盾侍1をカバーすべくイイヌマンの一所が唸ります

a0032309_1202747.jpg


そんな金山彦神ですが、2,3が薬タイプの反射持ち
ヤッカイなこと限りアリマセン、ちまちま削るのもどうしたもんかな状況で
ぷりん殿が一念発起

a0032309_122340.jpg

※イイヌマンの実装に生命吸収は入っていません

a0032309_1222424.jpg


唸る連撃、崩れる結界

a0032309_1233726.jpg


倒れる侍

この瞬間、画面の前でガチで吹いたためSSを取れなかったのがとても残念
まあ、それぐらいですが前述のとおり、イイヌマン、矢倉マン(仮称)コンビに
蒲生殿の鉄砲が火を吹く限り負けはないわけで

つつがなく金山に到着いたしました

a0032309_1255288.jpg


戦国時代の金は自由意志を持っていると思われます

その後、死に戻りして納入とかやってログアウト
明日夜~明後日と実家に帰るため、合戦になっても参陣は木曜夜なのかもなのかも

まあ、合戦なったらなったで頑張っていきまっしょい

ありがとうイイヌマン、矢倉マン(仮称)

とりあえず気がつきゃ40になりそうなので
真面目に修得も進めるかのう

by kajiyanoossan | 2006-01-25 01:28 | 信長オンライン
<< 笠置山ですが・・・知行記録 おんもでいってみた >>