貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

つらつら


a0032309_0365411.jpg


締め出されますた(´・ω・`)


コメント返し

たま殿
>まあ、お疲れ様でした。また会う日まで、あっしは明日よりまたログイン減る(と思う)
のですが、まだ、この世界にいようと思います。

葉月殿
>たまにはネタに走りたくなる日もあります、注文品は生命200↑魅力5↑の冠です
よろしくお願いいたしますます

でもたま殿
>うっかりしていますた。近日中に受け取りますので、代金もここにでも
書いていただけると助かります、金もってるまげとひげはともに大和なので

さてさて

a0032309_094570.jpg


今日もダメ家老一直線なので、黙々と陰陽PLしております。
たまたま七草殿の巫女に対話送った際にTD徒党にまぜていただいて
心得七も偶然ゲットしまして、これと四方術全皆伝までPLするかと思いましたが

ぷつん

と、糸が切れたのでPL終了しました。現在心得七修得中(まったくのゼロ)
なんとか、四方術は全部終わらせたので、誰か寄生させてくまさい、現在LV28
稲葉とかで検索かけても35前後までもってかないと、なんかきつそうでつ

で、そんな生活をしていますと

王殿から亀と若雷の救援依頼が飛んできます
亀はまあ、ネタ徒党でもどうにかなったのですが問題は若

最大の問題はいないことなのですが

a0032309_0182584.jpg


沸くまで待って、戦い自体はまあ、なんとか
俺の絶妙な守護漏れでも神職の方が一回死ぬだけで勝てました
三輪山おめでとうございます。あっしにはかかわりのねえことでござんすが

んで、後日の話
稲葉で関口殿を拉致したりしながらうだうだ話をしていると
稲葉山に天下もってる高レベルな侍さまがこられます
こっちは20代の3人です、おっと咄嗟に空前さん拉致ったので4人
神 神 陰陽 薬 の徒党ですが

a0032309_0224147.jpg


むこうもいらなかったのがなにもしてきませんでした

a0032309_023147.jpg


性能すげー

その後、空前さんがぬけて3人で稲葉門前でぼんやり

a0032309_022439.jpg


襲われます、そのごこっちは知人が救援にきたり
向こうも人入ったりなのですが、なぜだか奪われません
不思議なものです、結局何回か防衛して捨てました

その後も離席とか色々しながら雑談
しかし陰陽育てたいので抜けて野良徒党でも編成しようかなあ、と思えば

王殿が

「比叡徒党でも作ろうかなあ」

疾風のごとき動きを見せながら仏門僧を片っ端から確保しました。
んで、雑賀人での調達に限界を感じたので、野良でスカウトしましょうと思い
検索かけましたら

いままで、宇治合戦において
何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回もな(ry
雑賀武将徒党を止めてきたあの僧様が一人でおられます。

門屋家の足利家の人々の評価

リスペクト→48中老僧 55中老神主 57家老尼僧
アイドル→55ハゲ薬師

の、57家老尼僧様を勧誘させていただきました。
構成はいわずもがなの

まげ 盾侍 鍛冶 仏門 仏門 仏門 仏門

相変わらず殲滅速度は桁違い、しかし今日はライバルいたので
経験は以前よりのびませんでした。とはいえ

a0032309_0325513.jpg


中ボスやってみました

攻撃手段はハマコーと気合撃のみという凄まじさですが
やってみれば勝てるものですね(゚∀゚)

まあ、ドロップはなし。

方解石も少々いただいて撤収いたしました。
このまま行くと、水曜は宇治合戦だなあ

まあ、やれるだけやろう

以下、チラシの裏なので読まないこと推奨



まあ、こうつらつらと書いてますが、現在坂井平野は合戦中です
神主や鍛冶屋を起動して何回か行って見ました。

人数いない国は死ねってことかな?

まあこれが正直な感想です。

個人的には、飛龍前のハイスピード陣落とし合戦が一番好きですね
その前の仕様はあっしはいなかったのでわかりませんが

私は雑賀に移籍して20代から当時田倉崎の戦場にいました
鍛冶屋だったので辻修理は出来ましたが、それ以外に出来たのは
足止めや囮とか、まあ、死ぬことだけでした、数え切れないくらい死にました

そのころの私にとって、武将徒党の方々というのは一種の憧れでした
合戦の展開を左右する、いわば華でした。
自分もいつかあの人たちと一緒に戦えるのかなあ、戦いたいなあ
そう思いながら、合戦で死んで死んで死んできましたが

今の仕様でそれができますか?

武将落とした結果、その陣で勝利できなかったって、何それ?

こう書くと私を武将厨と思われるかもしれませんが、そう思っていただいて構いません
武将行くのも結構好きですが、同じくらい囮や伝令や防衛もやってきた自負はあります
まあ、ほとんど囮ばっかりですけれど

まだ、自国の合戦迎えていないので結論は出せませんが
正直合戦引退というか合戦引退するんなら
この世界からの引退すら考えました、それぐらい凹みました
とはいえ、考えた末にそれはまあ考え直して

とりあえずこの仕様では対人もできなくては話にならない
(向こうのN徒党潰し、こっちのN徒党護衛)
そう思い、かれこれ炭田掘男だった陰陽の育成を再開させたわけです
しかしまた岡隊    orz 早く奉行めざさなきゃあ

それと

侍をどこかに移籍させることにしました
N狩りマンセーの人海戦術仕様とはいえ
武将落としの重要性はそれなりにあるし、だから
鍛冶屋、神主は動かしたくないし、というか
鍛冶屋が雑賀の旗を降ろすときは引退するときだし
対人に関してはそのために陰陽を育て始めたし

まあ、侍なら、武芸だからアタッカー枠で考えれば
それこそ代わりはいくらでもいますので
だしてもいいかなと思い、侍の移籍をきめました
一応、某氏(あえて現時点では名前は出しません)
と協議して、どこに行こうかとぼんやり考えております

移籍には、もう一つ意味もあります

この世界は広いですが、雑賀も最近引退者も増え、寂しくなってきました
ここで新しい世界の一つでも広げなければ、糞詰まりだな、と思ったのもあります。

どこに移籍するにしても、そっちでは少しのんびりやりたいなあと思います
もっとも、雑賀の合戦あらば、できる限り馳せ参じようという方針は変わりませんが

どんなパッチがあたっても、乗り越える気概はあったが
信長の野望オンライン、俺の居場所をそこに定めた

合戦がすげえつまんなくなったのは、正直、こたえました

チラシの裏 おしまい

by kajiyanoossan | 2005-11-01 01:05 | 信長オンライン
<< 知行日誌11月 世の中便利なものがあるものだ >>