貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

収穫祭・三椏・雇われ楮・花火・ご挨拶

9月24日は覇王収穫祭でございまして、当方マラソンスタッフとして活動させていただきました。ええ、景品探しで俺がきっちり俺がほしくて仕方がない上級黒染料を引いたときは、軽く血の涙が流れましたが、まあ、世の中そういうものかもしれません。優勝者の方に無論献上しましたが、俺の血の涙が入っているので、ちょっと赤みがかるかもしれません。最後にマラソンスタッフで記念撮影などいたしました。まあ、王さんの仕切りがちゃんとしていたので滞りなく進みました、王さんオツカレ

a0032309_23414929.jpg


夏祭りのさなか、うろうろしていましたらやはり祭りとかそういったものに流されない方もおられます、まあ、自分のペースを維持していくということは大事かもしれませぬな。

a0032309_234312.jpg


マラソンが無事終わりましたあとは、ふらふらとオークションとか見ながら、回線のもちこたえることを静かに祈ります。なんとか持ちこたえてくれました。最後は花火、打ち上げ用にこのは殿から結構な量を受け取ったので狂ったように打ち上げます、まあちと休憩も挟んだので、その間に一枚

a0032309_23525049.jpg


花火も無事撃ち終わりまして、収穫祭は〆となります。参加していただいた皆様、ご来場ありがとうございました。最後にスタッフで記念撮影を、俺の場合俺視点なので、どうしても少しぶれるわけで、いやはや、ちと斜めで申し訳ない

a0032309_013761.jpg


話を侍の日常に戻しましょう。ぼちぼちやってたら、特化弐まで終わってしまいました。恐るべきはTD狂いと言うべきなのでしょう、前にチビキに雁取りに行ってたので、チビキは終わり、富士もなんかで行ったときに仕上げてたので終わり、んで、忍者砦に行くわけですが、ここでもう一人断片野郎が加わります。

名を、由真寺外道僧。某機械仕掛け忍者の別キャラでございまして、最近の門屋家台所に粘土御用聞きとして存在しております。(いわゆる俺からの一方的なぶん投げ)んで、その由真僧、年を重ねて断片とか言いやがるようになりました。僧だったらソロも不可能ではないので、放置してもいいのですが、困ったことに由真僧というか機械仕掛け忍者、織田家所属で現在斎藤家と合戦を展開しております。なおかつもっと困ったことに、昔稲葉で見て以来、ずっと欲しいと思っていた「一騎当千突撃具足」というこじゃれたものを所蔵しているのです。

「一騎当千突撃具足くまさい」
「由真の楮手伝えばおk」

a0032309_0163196.jpg

a0032309_0164548.jpg


物欲に支配された門屋家ぷ芸侍は、自分の三椏の都合に巧みに由真僧の楮を織り交ぜる作戦を展開します。流れとしては

忍者砦(三椏、楮、なぜか白虎)
地獄谷(三椏、楮、なぜか朱雀)
金山(4人徒党。これは青山殿鍛冶の雁もあわせた)
浜名湖(さすがに助っ人頼めないので鍛冶僧コンビ)
昇仙峡(地獄谷の残り協力者で鬼っ子狩り倒し)

で、無事コンプリート・・・・のはずが浜名湖の楮が一枚足りなかったとのこと、機械仕掛けの頭に油を差し忘れてた模様。それでもまあ、浜名湖で揃いましたとか発言してたかいもあって、具足いただけました、名前も色もかなり気に入ってます。普段着として愛用したいと思います。南蛮具足より当世具足のグラの方が好きなのでかなりいい按配です。

その後、由真僧でははいれない比叡奥に三椏徒党を作って参戦、委員長殿として協力していただき、1丹、1枚足りないという悲劇的事態(スクラッチは全部スルー、最後2枚ほど貰ったが、まあ、引けません)まあ、また今度でいいやと両替いったら、これは俺の計算違いで揃ってました。とてもめでたい、速攻堺にいって、無事、ぷ芸伝の参を貰います。

「装備削れるので剣風しますね^^」

この一言をいうために頑張ろうと思います。その後紀伊にもどってちょろっと生産、具足羽織やひょっとこはまあ惨敗しました(´・ω・`)

そんで、紀伊花火大会、この日は打ち上げ係りとして協力します。深雪殿の仕切りのもと、円滑に進んだと思います。当方はメインはまったく見れませんでしたが、まあ、大声聞く限りでは演出の狙い通りにいったんじゃないかなあ、と、深雪殿、打ち上げスタッフの皆様、お疲れ様でした。

a0032309_0295353.jpg


ちょっと暗いですが、これが一騎当千突撃具足、黒に黄色という阪神ナイズドなカラーですがかなりいい感じだと思って気に入っております。

さて

最後に、ご挨拶をば

このブログでもちらっと書いておりますが、中の人は先日会社を辞めまして、現在無職の若者・・・といえる年でもないですが、まあ無職です。んで、ツアーとかやってみたりしたし、戻ってからの一週間は廃人のような愉快な生活をさせていただきました。

しかし、ゲームをいくらやったところで生活の糧として得るものはなにもないですから、確実に財政は危険になっていくわけで、またブログの更新リズムも狂います。どうしても生活が不定期になりますから。正直よくないわけでここで、少し、休養させていただきたいと思います。

ほとんどの人、まあ、俺がこの辺で休養することを知っていたのはたぶん、二人だけだと思いますが、あくまでも引退ではなく休養ですから、わざわざ己をイベント化したくなかったというのもありますし、「生きてる以上は目一杯生きよう」という趣旨の元、ログアウトする直前まで、明日も何事もなく遊んでいるような感じでプレイさせていただきました。

まあ、仕事が無事に見つかって、生活的にいけると判断したら帰ってきます、そんときにスムーズに、というか、まあどうにか生きていくために、知行チェックでのログインはするかもしれません、つまり引退する気はさらさらないのでそこのところ、誤解ないように

遣り残し、ということでもないですが3名の方との約束というか、請負を果たせていないので、ここで述べておきます

ロボ沢殿
炭はまあ、また今度、帰ってきたときによろしく

雷○殿
連銃受け取れませんでした、まあ合戦中だから仕方ないです、帰ってきて、侍の三椏終わらせたら、鉄砲鍛冶屋育成計画始めますので、そのときまで、倉庫の邪魔かもしれませんが、おいといていただければ幸いです。

明日殿
具足羽織、渡せなくって御免なさい。知行チェックの時にもし会えたら、お渡しします。

このブログも1年ちょっと、だらだらとたいしたことも書いていませんが、まあ、続けれました。消したりはしないし、ひょっこり更新されるかもしれません、気が向いたらお立ち寄りください。

最後に、俺がこの世界に生まれ、移籍するまで一緒によく遊んでくださった徳川家の皆様、移籍後、知人もなにもない状態でとりあえずうろうろしてて、なんだかんだで知り合った雑賀衆の皆様、野良とか売買とかで、袖触れ合った全ての皆様、まだであってないけど、いつかきっと、出会える全ての方々

ありがとうございました。戻ってきましたら、またよろしくおねがいします。

                                               門屋喜兵衛

a0032309_0441853.jpg


では、貧乏鍛冶屋の気まぐれの記、ここでひとまず、幕を下ろさせていただきます

(゚∀゚)ノシ

by kajiyanoossan | 2005-09-26 00:45 | 信長オンライン
<< コメント返しと装備と知行 でないものです >>