貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

思いうらはら

a0032309_1646588.jpg

こんなこといわれましたがボロ雑巾にされましたよ、ええ。

さて、事前に当方の考え方を説明しておくと、当方は
カウンター反対派である、弱気かもしれないし、防衛とか
好むのは某家と同じではないかという意見もあるかもしれない

けどね

時間の大小はともかく、ログイン時間はすべて合戦にぶち込む
人種にとっては、中2週と中1週の違いって、すごく大きいのよ
仕様だし、別にそう毎日いかなくてもいいじゃないかと思われる
かもしれませんが、合戦狂ってもんはそんなもんじゃないのでね

まあ、人それぞれ、なんですが

ともあれ、朝、ログイン、もっとも昨日の朝はうっかり5時半
そりゃ人もいませんね、というか、早いとこ時間安定させないと
ゲームばっかやってるわけにもいきませんなあ
いまだに全勝なのでカウンターかと思いつつ、戦場来ると
ついいてしまいます、ぼつぼつと来る人が見え始め
あと一押しだと思ったので、稲葉でスカウトして徒党作成

a0032309_16545581.jpg


囮をせいおーさんの2アカでまかなって
先陣3つと中陣の和田を沈めました。
その後、足利さんもぼつぼつとやってきまして
そうなると囮がいないとさすがにどうにもならなくなります
朽木細川、何回か仕掛けて全て失敗、昼解散

昼はちと離脱

夕方頃、戦場に戻ると、向こうは徒党があって、こっちは数がいません
さて、そうなるとと思い、侍で防衛まげっつ開始
昨日は30個でひーひーいってましたが、これに徹すると
50くらいすぐたまるもんなんですね、終わったら献上しよっと

とりあえず夜になって人が増えるまでは、延々と
防衛にまわってました、途中こりゃあかんと思い
奈良で生産して、叱咤激励を修得、とりあえず戦場に行き

a0032309_170174.jpg


あらま、ちなみに叱咤激励は身分によって出来ない相手もいます
当方目付けですが、これだと後詰Nには叱咤激励できません
中老までいかないと、NPC全部にはできないのかもしれません
レベルによらず、身分によりそうなので、高レベルで叱咤していない人は
ひょっとしたらできないのかもしれません。

んでまあ、ぼちぼち人が来たので、侍から神主にチェンジ
囮や防衛により向いたほうに変身します。
先に出来た徒党が後詰に喧嘩売りに行くみたいなので
とりあえず徒党作って、岡先生奪還、きめる頃には
他に徒党作る人もいるみたいなので解散して囮、防衛

この夜は神職が結構いなかったみたいで誘われます
ええ、囮も無論やってますけどね。誘われて三淵落としに
ここでロングランを提案し、徒党員全員馬、囮にも片っ端から馬
馬、馬、馬、で仕掛けることに

a0032309_173549.jpg


そんな私から見た風景なのですが、これがものすごく気持ちよく
走ってる間、成功とか失敗とかどうでもよかったりしました
まあ、割れなく取り付いたので負ける理由もなく
その後落ちる人もいたので、この一戦で解散、でも満足

その後、戦況が微妙に落ち着いてきたので
侍でまげまげと変身、少し戦うと、すぐに
「神職いまてん」ということで変身

中中細川侵攻、ええ、ここでありえないミスして割れましたよ
神割れ、鍛冶屋で昔なれてない頃に割れたことはそりゃ
反吐がでるほどありますが、神で馬、狙撃のぞいて
普通に割れるというか、遅れたことを自覚して割れたのは初めて
激しく凹みましたが、幸いすぐに救援が入って、撃破できた模様

その後、敵右先(大館、沸き松田)があいてたので
突撃して落とします、ええ、今度は割れません

a0032309_1793164.jpg


時間も時間なので、そこで解散、でもたま殿から
火縄少々貰ってログアウト、翌日花火加工してました。
朝は、試験者がいたので、カイエン殿から神要請きたのでマゲ登場
つつがなく中川沈めて試験終了、最後、郷に戻って
新参クエの手伝いを叫ぶ声あったので手伝って終了

でも、俺はカウンター反対派
かといって、あからさまに手を抜くのも
足利さんの侵攻を指をくわえて見るのも、趣味じゃない

by kajiyanoossan | 2005-09-21 17:10 | 信長オンライン
<< なんだかわからないまま爆走中 門屋使いの荒い日 >>