貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記


信長の野望オンライン萌黄サーバー本願寺家でぼちぼちやってます。
by KAJIYAnoOSSAN
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
フォロー中のブログ
こんてんつ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

萌黄最終戦

コメント返し

すもも殿
>こちらこそお誘いありがとうございました。無駄話でもなんでも適当にやってるようで、
強いとこは個々が強いんだよなあと感じました。感謝感謝

tama殿
>武士道強化の為、まずはゲリラ100本ノックいこうか^^
考える戦闘や、自分の立ち位置の把握とそれに応じた行動、他者の行動の見学など
ゲリラは学べる要素がすごく多いと思うのです。

響殿
>居場所は作ったもん勝ちだと思うので気にしない。
でもこの合戦も4鯖混合になったら、どうなっちまうんだろうねえ。

(´(・)`)殿
>連戦というか、まあ、大決戦ですしね。特化フリーとまではいわないけれど、
ある程度おさえていけば戦えると思うのです。ポイントによる地味な強化は退屈だけど大事です。


さてさて


a0032309_10464166.jpg


さすがに鯖単体での合戦最終週らしく、
各地で様々な思惑が見え隠れする合戦がはじまりましたyp
本願寺家は軍資金の都合で侵攻はないというのを聞いてましたので、
今週は徳川家か伊賀忍衆の援軍かなあとうすぼんやり思ってましたが
徳川家に合戦はなく(献策負け?)伊賀忍衆は攻めも守りもありました。
話を聞きにいくと守りの鳥羽は放置で、攻めの柏原で~ということなので、
先週の恩に報いるべく、ぷ士で槍一本もっての出撃です。

まあ

むこうさんにあまりやる気がないようですので、もっぱらこっちが攻めてるんですが
(あくまで私の稼動する時間帯での感想です)
とりあえず鯖単体は最後だし、武将狙え狙えのつもりでゲリラにいそしんでおります。

そんな折

いつものように伏武将が沸き、みんなでわーっと副とお供を食いつぶし、
ぽつんと立ってる佐竹さん。

(´・ω・`)んー

せっかくだからとお伺いを立てて、一門徒党でやってみることに、
負けても、まあ、許してもらえるさ(キリ

構成は

士術陣修法能鉄

盾1とか詠唱もてるのが2人いるとか、細かい指摘は禁止な!
その時間の一門メン全部かき集めてしかも7人徒党なのに中の人4人だけどな。

まあ

冷静に言えば勝算はあったんです。

相手の構成は 侍・忍・僧・陰・かぶきんぐ
法&術で1Sを挟みつつ、鉄が5から落とす、なおかつ
士は124を釣り術が軽減と呪壁でカバー
回復量は験気でカバー、詠唱はどちらでもいける。
攻めの耐性低下は術&鉄でOKなおかつ1の攻撃も
空蝉で30%はきっと無効のはず、とか
いろいろ考えながら臨んだわけです。

まあ


私が致命的なミスを2つ犯したんですがががが
徒党員にバレなかっただろうかヒヤヒヤしながら自白します。

①武士がゲリラ実装で挑発2を抜いてた。
私はゲリラ実装で挑発2を抜いています。基本は一所とピンポイントで武名なので
(徒党実装では武名・挑発2・一所といれています)
ゆえに5体でも固定にどうしても苦しんでしまうんですねえ

5体で苦しむのになんで先7体ゲリラで挑発2しないの?という疑問には
多少ぬけたくらいで死ぬなよ痛いのは引き受けるからよおというメッセージ
全部釣るのはもちろん理想なんだけど、釣りすぎて死んでも意味がないんですよね、
徒党なら最初から釣りわけとかできるし、動き方もかわるんですけど。
まあ、このへんは長いし話も逸れるのでカット、まあこれがミスの①

②術しのびSANがひよった。
まあ、1sを定期的にはさみつつ、5を叩き落し、そのまま1を削りだすわけで、
安定して削りつつ、2の打撃が抜けるのが気になった門屋さん
1の生命が半分きって追い込みにかかるところで、あまりに2がフリーなのが気になって
術で2を止めにいってしまいます、これは①のミスでもあるように
挑発2がないので1を固定しつつ、他を釣るという動きが
滅却維持の観点からもやりづらく、旗とか味方のやわこいことに抜けるのが気になったんです。
実際1の生命は見た目確実に次のモグラでは死なない、そして
モグラ当ててそこに蝶ぶつけてギリギリかなってとこで、もし1が生きていて
2もフリーなら、色々やばいぞ、と思って1が生き残る前提で、まず2をとめて
次に1を殺せば、武士は安定して2つりに移行できる、と判断したわけです。


結果



( ´∀`)つるべきますよね~

3人死亡、次のなぐりで1人死亡
そりゃもうどうすんだって話ですが
生き残ったのが士修陣、士は滅却状態なので生命はばっちりです
陣の蘇生奥義発動のあいだ士はひたすら釣り、
無事に4人起きる、むこうも5のかぶきんぐが起きましたけど、ちなみに
確か1にも完全がいってたと思いますけど、

とりあえずそこから無事にたてなおりました。けど
一回2の赤鳥が旗にかっとんで


避けた


正直これがなかったら終わってたかと、これも結局挑発2のないことが原因。
a0032309_10464773.jpg

なんだかんだで撃破、しんどかった。


しかし


関が原大谷や小田原景勝とか、一回ひぃひぃ言いながら倒して
2度とやるかクソがとか思うことがあるけど、
同じくらいひぃひぃ武将に言わされても、
あそこああしとけばよかった、次はもう少しうまくやろう、とか
即切り替えるのがなんだかんだ根は武将厨というより合戦厨なのかな、とは思います。

まあ






翌日もつるべもらいましたけど


ギニャー



金曜の大決戦は赤N決戦兵器演舞を投入。
黙々と赤Nを狩り続けますが、割と早い段階で武将解禁がでたので無二だけ食べました。
最後に岡もついたんですが、動きが雑すぎて殺しきれず、要反省。

まあ、戦果の勢いから負けはないと思いますが、今宵の大決戦も参加いたしましょうか。



土曜日の陣取大戦
割と早い段階で後ろまで落ちたので、これは行くしかないと思い

a0032309_10465135.jpg


かつての主君の鉛球をいただいておきました、まる

by KAJIYAnoOSSAN | 2012-02-05 11:53 | 信長オンライン
<< 場数を踏もう 最後にいい因果 >>